アイドルは愛である

旧 i@yume../ アイドルネイティブな私の気持ち/ジャニーズって何だ?をhatenaにする

「健康第一」という言葉の本当の意味に気が付いたtoday

「健康第一」


神社のお参りに行くときのお願い事、や心勤めとして
はたまた日常のふとした会話の中、
何かの折に着け見かけたり話されることの多い四字ですね。


「健康であることは大事だ」そんなこと、皆さんすでに御周知のことだとは思います。


しかし、先日思いもよらないことがきっかけでこの「健康第一」という言葉の意味を深く再認識しました。

ここから先に書いてることはおそらくだいたいの人なら分かりきっていることだと思いますし
特に新たな発見があった、等というものではないので
ゆるーい気持ちで見ていてください。




私はミュージカル等の演劇作品の観劇に行くことが好きで、よく舞台のチケットを購入し劇場に足を運んでおります。



映画と違い、舞台のチケットは「行きたい」と思った時に気軽に購入できるものは少なく、公演が始まるすごーーーーーーく前からチケットを確保するのが常です。


特に人気公演かつ前の方の座席などとなれば、先行販売初日の販売スタート時間にサイトのページを開いて構えていないと

「あれ、席ないやん」

なんてことになっちゃう…泣

まぁ人気歌手のコンサートやライブ、フェスのチケットなんかにも言えることですが。


だから今年の八月公演の舞台でもチケットは今の時期から取ることになります。
劇団四季なんかだと一年後の公演でももうチケット売ってたりしますから



ということはつまり、先の予定が立たないうちに公演のために日にちを空けておかなきゃいけないんですね。

そして去年までの例にならって、私は今年の分のチケットをもうだいたい取ってしまいました
5月の「キンキ―ブーツ」、6月の「エリザベート」、8月に「王様と私」が既にスケジュール帳に控えているわけです



このようにいくつかチケットを取った後にはいつも
「あーーー、大学の試験とか入らんかな大丈夫かな」とか「絶対変われんシフトとか入ったらどうしよう」なんて悩みが頭を駆け巡りますが
今回はそれとは違って


「入社する会社で休みが取れへんかったらどうしよう」
「どうしても欠席できひん飲み会とか入ったら終わる」


という心配で体がいっぱいです。


でも結局、自分はチケット取っちゃったから何が何でも行くだろうし
たとえそれで会社に居場所がなくなってもいいから会場に向かう
だろうなーーって開き直ったんですけど。


でも、昨日今月行く舞台の日時を確認していて、
「今インフルエンザになったらどうしよう、体調管理しっかりせな」
と思ったところで「はっ」として


どんな予定が入っても、それはキャンセルすれば舞台にはいける
けれども流行り風邪や怪我、まして自分の命がなくなるなんてことになれば
どうあがいても劇場に行けない!!!!!!!!!!!



これが欲しい、あれが欲しい、ここに行きたい、何がしたい
なんて欲は尽きませんが
そのどれもを叶えるためにも自分の体調が万全であることは欠かせないし


叶えた所で風邪ひいたり大けがを負ったりすれば
持っていても使いどころがなくなってしまいますよね


健康でなければ何を持っても意味がなく、
健康である、という状態は何よりも欠かすことのできないものです。


「健康第一」とはよく言いいますが
まじで大事ですね。みんなでインフル対策頑張りましょう。



とりあえず何があってもチケ取った舞台には行きたいし
なんとしても自分はそこまで生きたいと思いました。


わりと忙しめな会社への入社が決まって、
社会人と観劇を両立できるのか憂いてたんですがそれよりももっと大事なことに気づかされた数日だったわ