アイドルは愛である

旧 i@yume../ アイドルネイティブな私の気持ち/ジャニーズって何だ?をhatenaにする

(元)自担が仮面ライダーになった日

感動モンですよね、ほんとお赤飯炊くレベル。

大千秋楽も終えられた後、超微妙なタイミングではありますが、メロンのイケメンお兄さん主演の舞台仮面ライダー斬月-鎧武外伝-』を見に行ってきたので感想書きます。とりあえず貴虎兄さん鬼イケメンだった。


元々仮面ライダーが好き(特にその中でも斬月は三本の指に入るくらい好きなライダー)だったので、萩ちゃんが出演するという告知が出る前から絶対見に行こうとは思っていましたが、萩ちゃん出ると聞いて尚更楽しみだったこの舞台。


仮面ライダー2.5次元??意味おかしくね??大丈夫なん??」なんて一抹の不安を抱えながらも、意気揚々と会場に向かいました。


結論先出で言いますと、この舞台めっちゃ良かったです。


まず、想像以上に鎧武本編をカバーしていました。ただ世界観やアーマードライダーたちの設定を借りただけではなく、リンクしているところが多くて、本編を見ていればより楽しめる作品になっていて。独立したお話ではありながらも、「あーー、ドラマのあのシーンがこんな風に活きるのか!」って感じのストーリー展開で、文句なしの完成度でした。


(バロンのゆーちゃむもカッコいいよ。ボイメン)



仮面ライダーの見どころの一つでもある「変身」はどのように見せるのか。ファイナルステージとかで見られる変身みたいな感じかな、なんて思ってましたが、それよりもクオリティ高かったです。ちゃんと上からオレンジ降りてきました。スクリーンを通した映像と合わせての演出が凄く良かったですね。この変身の様子は、ゲネプロ?の映像等がYouTubeに上がってましたので、そちらでぜひご確認ください。言いたいことは伝わると思います。(笑)



しかし、主人公含め後半の変身や、少々脇のキャラクターの変身はヒーローショーで良くある岩の壁を使った変身が多くて、そこが少し残念でした。せっかくわざわざ舞台化したなら、全部映像で観たかったな。予算キツかったのかな?(笑)



あと今回、鎧武の世界観を見事に再構成していたというところでまず満足度がかなり高かったんですが、萩ちゃん演じるアイム君がめっちゃこうたさんっぽくてより感激度が高くなった。元からのファンではありますが、贔屓目なしに萩谷君は葛葉紘汰さんに寄ってて、ちょっとびっくりしました。萩ちゃんっぽさ残ってなくてよかったです。こういう時にしっかり仕事ができる人を応援しててよかったなと思いました。誰




色々言いましたが、何よりも、自担(だった)萩谷くんが仮面ライダーになったということが何をよりアツかった。やばい


過去の記事にも書いたことですが、絶対にないと思っていた、こればっかりはどうにもならんと諦めていたことだったので、応援していた人が変身する姿を見ることができ本当に良かったです。



これね
idol-ideal.hatenablog.com



そして、色々あった昨年一年間のことを念頭に置いて考えると、「ここからは俺たちのステージだ!!」っていうアイムくん(役)のセリフも違った意味を持たせて受け取ってしまいますね。紘汰さんのキャッチフレーズを萩ちゃんが言ってるだけでも十分エモいのに、新しい環境に移った萩谷君の背景をどうしてもリンクさせてしまうよな(勝手に解釈してごめんな、ファンってこういうとこあるから…)




ここまでの内容見返して、9割萩谷:0.5貴虎:0.5舞台内容って感じのことしか書いてないですが、もちろん他のキャストの方も良かったです。みんなそれぞれドラマのキャストに近く、でも丸々同じわけではなく、舞台の世界観の中で生きていました。役者さんて凄いなあ



やっぱりドリアンはおかまキャラなんだな、とかバナナアームズの時の効果音(パララッパッパッパッパッパー♪みたいなやつ)が流れたときの「これこれ~」て感じとか、細かいとこで感じたこの舞台の面白かったところはめっちゃあるんですが、その辺詳しく感想書いたメモがどっかいったので、今回はここらで締めます。(見つかったら書きます)


前の記事でも散々言いましたが、ありがとうネルケ、ありがとう久保田悠来さん、ありがとう東映、これ以上言うと長くなりそうなのでまとめますありがとう関係者の方々~~~



とりあえず菓子折り送ろか



その前にDVD買います。はい