アイドルは愛である

旧 i@yume../ アイドルネイティブな私の気持ち/ジャニーズって何だ?をhatenaにする

関ジャニ∞のアルバム『PUZZLE』が良すぎる話

先日あんだけ酷評しといて(半分冗談)あれなんですが、映画『少年たち』地味にもっかい見に行きました。笑 あのトンチキが癖になったらしい。振りきりすぎてて逆に見に行きたくなるあの感じ、何なんでしょうね。トンチキの魔力は凄いなぁ。


idol-ideal.hatenablog.com


まぁそんな話は置いといて、カッコいいとか、かわいいとか、成長する姿が~とか、握手会の有無とか。アイドルの面白さ、はたくさんありますし、そのチャネル数の多さが魅力にもなっています。そして、その中の一つとしてジャンルに縛られない”自由さ”があると言えるでしょう。

タイトル「PUZZLE」のごとく、様々なジャンルの曲がパズルのピースのごとく散りばめられ、またその一つ一つのピース(楽曲)が一つになると、これまでにない新たな「関ジャニ∞」が見えてきます!


テイチクのHPにもこうあるように、今から10年前、2009年に発売された関ジャニ∞の『PUZZLE』はまさに上記のようなアイドルの魅力がぎっしり詰まった一作だった。アイドルの持つ強みである“ジャンルの自由さ”を最大限に生かした、いい曲が多いアルバムだったなぁ。そんな印象は今でも薄れていません。


アイドルらしいキラキラ恋愛ソングも、たくさんの人を元気づけ愛される盛り上げ曲も、しっとり聞かせるバラードナンバーも、王道ジャニーズっぽい楽曲も、ダンス曲も、バンド曲も、自分たちで作詞・作曲した曲も。ジャニーズ事務所のアイドルらしさが芯としてありながらも、ガツンと沁みる深い曲までまとめて届ける。これほどまでに守備範囲の広いアルバムは、関ジャニ∞だからできたことなんだろうと思います。


大きなタイアップがたくさんついたようなものではない。皆が知っている有名アーティストからの楽曲提供がたくさんあったわけでもない。それでも、私はこの『PUZZLE』を、ジャニーズ事務所のタレントの出した作品の中で、「アイドルが出したアルバム」として最も優れている一作だと感じています。そして、この魅力をたくさんの人にも知ってもらえたらなと思い、今回突然ではあるが紹介することにしました。拙い文章ではありますが、一人でも多くの人に、『パズル』を聞いてみたいと思ってもらえれば幸いです。


過去懐古のような内容ではございません。たまたま自前のiPod(古)でシャッフルしてたら「渇いた花」が流れてきて、そういえばパズルは素晴らしいアルバムだったなと思いだしたので書きます笑


一曲目「一秒KISS」
ファンも真似しやすそうな簡単な振り付け(PUZZLEのツアー映像参照)や曲中の掛け声等、王道なアイドルの恋愛ソング。トランペット?金管楽器の明るい音色が心地いいです。歌詞に出てくる人物像がただのイケてるカッコいい男性ではなく、どこか残念な男子なのが「ズッコケ男道」から続く関ジャニ∞アイデンティティなんだろうな。デートにキメて来たつもりなのにどっか抜けてる、みたいなね。ラスサビ前のパートが、安田君と丸山くんなのもいいですね。優しいんだけど力強い歌声。イケメンか。あと、たまに入るギターの音もカッコいいよ


二曲目「アカイシンキロウ」
こちらもまた、王道アイドルソング。「一秒KISS」と並び、この二曲がはじめに来るのはなんかちょっとどっしりだな、と思いつつ。でも二曲とも少しづつ系統が違うので、聴いてておかしいなとは思わないです。しいて二曲を比べるなら、「アカイシンキロウ」の方が、SMAPっぽいなと感じます。「青いイナズマ」みを感じる。キムタクとかごろちゃんがスーツ着て歌っててもおかしくなさそうな、ある意味関ジャニ∞っぽくないおしゃれさの強い一曲です。でもどこか歌謡曲っぽいのはエイトのメンバーの声質が一因かな??テイチクだから??わら

補足:これ書くために、さっき曲をよくよく聞いたら、歌詞もわりとまんま青いイナズマでした。色違いかな??

ちなみにこの二曲はジャニーズタレント御用達CHOKKAKUさん編曲です。大好き


三曲目「パズル」
斉藤和義節がめちゃめちゃ効いている。ギターのぽろぽろとした音色で始まるノスタルジーな一曲。元メンバーへ歌った曲だという一説を踏まえてアイドルの歴史を追いかけながら聞くような、ファンとして歌詞を楽しめる側面も持ってるこの曲。言うなればエモ。「淀川」「太陽の塔」等、実際の地名なんかが出てくるから、ということもありますが、大阪の空気感が曲の中に溢れている気がします。体感な。

夢に向かって進んではきたけど、何かに行き詰まったり、そんなきっかけでふいに昔のことを思い出した。今の自分にどこか迷いがあったり、何か物足りない気がしたり。そうやって昔を振り返ってるうちに、少し穏やかな気持ちになって眠りにつく。そんな歌詞。こんな感じのもどかしさやら、エモさを抱えたことのある大人の方には大変おススメです。時に、地方から東京へ出てきた、そういう人には強く感じる何かがある楽曲ではないかと思います。後ろのストリングスも最高です。


四曲目「渇いた花」
めちゃめちゃいいんですよこの曲、歌詞もメロディーも。渋谷すばるさんの声で始まって、出だしからぐっと掴まれます。クレイジーケンバンド横山剣さんとかに歌ってほしい感じの、メロウだけどぱきっとした一曲。丸山くんの声も曲にとっても合ってて、特に二番がうっとり聴ける。お酒を飲みながら、外の風に当たって聴きたいね。秋口とかにいいよ。「○○させておくれ」っていう言葉が似あうのも、なかなかだなと。最近のアイドルの曲ではなかなかないフレーズな気がします。そして、この曲はメンバーの奏でるハーモニーがとっても綺麗なんです。けっこう歌うの難しい曲なのではないかと感じるのですが、それを聞かせられるのは関ジャニ∞の強みですかね。全体を通してすばるくんの声がめっちゃいい曲。


五曲目「ゴリゴリ」
とにかく底抜けに明るいバンド曲。どっかで聞いたことありそうだけど、どこにもないような、少し泥くささもある一曲です。ベースの低い音から始まるのがめっちゃカッコいいんですよ!そして、ロックバンドのシングル曲にありそうな、めいっぱい背中を押してくれて、元気になれる歌詞。今だとWANIMAとかなら歌っててもおかしくないなと思うくらい力をくれる。(笑) 辛いことを一緒に笑い飛ばしてくれるようなこの感じ、まさに関ジャニ∞だなと思える楽曲です。


六曲目「イッツマイソウル」
これはポップなアイドルソング。やっぱりここでも歌詞で描かれるのは尻に敷かれる系男子。そして癖強めな女子。関ジャニ∞の曲に登場する男女ってやたら癖強いんですよね、おもろいからいいけど!!!この曲も振り付け超簡単なので一緒に踊れる。ライブで一緒に盛り上がる時も最高ですね。「スーパーの袋」とか「魚の食べ方」とかなかなかのフレーズがいっぱい出てきますが、誰にでもある片思い初期の超盛り上がってめっちゃ好き!!!!!みたいな気持ちがちゃんと描かれてて凄いなぁと思います。そうやんな、惚れたもんだから仕方ないよな。


七曲目「ローリング・コースター」
メロは王道アイドルソングであり、バンド曲でもある一曲。でも歌詞ちゃんと見ると、こちらでも登場するのは尻に敷かれる系ヘタレ男子。抜かりなくしっかり関ジャニ関ジャニしてます。「気が済むまで食べる」とか「平らげたら眠る」とかこちらもある意味パワーワード全開。(ふわふわ、とかって意味でなく)かわいい曲。


八曲目「My Last Train」
小さい頃は全く良さがわからなかったジャニーズ楽曲第一位。小学生の時、これを母が運転する車で流しながら眠いなって思ってました。今はとても沁み沁みします。昭和歌謡のようなムーディーさの強い、大人な曲です。曲調古っ!って感じなのに、古くさすぎない。あえてなのか、やたらこぶし効かせて歌ってるのもいいですよー。あとこれ全然曲の説明ではないんですけど、曲の入りと終わりにくる音がTM NETWORKの「Get Wild」に聞こえてならないんですよね。ごめんなさいふざけました。でもめっちゃそれ、なんでぜひ聞き比べてください。


九曲目「無責任ヒーロー
みんな知ってる元気ソングの代表例ですね。王道J-POP。聞けばカラッと元気になれる曲。モーニング娘。の「LOVEマシーン」にも通ずるものがある。聴いてる人をとにかく元気にする曲って、まさにアイドルらしいと思います。オールアラウンダーなアイドルだからこそ、たくさんの人に向けて届けれるのかな。あまり表立っては感じさせませんが、こちらも大きくなってより歌詞が沁みる曲だなぁ。働きだすと、だんだんプロレタリアっぽい歌詞の曲が気にいってしまう。笑 そして、時々入るシンゴの合いの手が絶妙。「なるようになるて!!」って言われてこんなにも説得力ある曲ないよな。村上信五の力すげぇ。


十曲目「ブリュレ」
今や関西ジャニーズJr.の王道カバー楽曲になりました、カッコいい系のダンスナンバーです。個人的に、ツンデレ的な相反する恋心を、堅いキャラメリゼと柔らかいプリンで出来たスイーツ・ブリュレに例えてるのが上手いな、と思っております。「目障りだけど気になる アイツになりたい」とか、バン!とインパクトに残るフレーズが多い曲です。語彙力無くてほんと申し訳ないけど衝撃度がすごい。ジャニオタはみんな好きな系統の曲だと思うので、とりあえず一回聞いて?ジャニオタじゃなくても、アルバムトータルで聴いたとき、「あ、こんな曲もあるんだ」ってなる曲。


十一曲目「咲いて生きよ」
タイトルからして察してはいらっしゃるとおもいますが、歌謡曲。超歌謡曲!!!さすが馬飼野浩二だわ!!てくらい歌謡曲。「咲いて生きよ」やもんな、卒業式に校長から送られる祝辞かよ。でも自然と聞けるのはアレンジが上手いからなのか、私が慣れすぎたのか。二番のはじめのピアノっぽいとことか好きです(語彙)。別れのシーズンに聴けばぴったりかな。歌詞の中に「嗚呼」とか出てくる。隠し切れない歌謡曲感。でもめっちゃ耳に残るしたまにめっちゃ聞きたくなる。特にGoodbye days~のとことか超歌謡曲


十二曲目「ギガマジメ我ファイト」
横山君のパートからはじまる曲。序盤からなんか熱い、とにかく熱い!!さらっとしてるけど暑苦しい!一蘭のラーメンみたいな。「汗と涙」とか「胸の斬鉄剣」とか出てくる。ジャニストの「考えるな!燃えろ!!みたいな歌」(曲目わからんほんとごめん)程ではないで。これも元気になれる曲。でもアイドルっぽくはないんよな。ピコピコって感じの電子音と、オケっぽい音が混ざってて後ろが面白い。perfumeとかきゃりーちゃん程じゃないよ。ポジティブな世界の真理でタコ殴りにされる歌詞。それくらいの明るさ。LEDレベル


十三曲目「情熱Party」
この曲もバンド曲ですね。個人的にMET ROCKに出た時に歌って欲しかった曲。実は別アーティスト目当てで会場にいました。フェスで聴きたい盛り上がり曲。めっちゃ主観ですがNICO Touches the Walls好きな人に合いそう。歌詞はアイドル曲とバンドの狭間感。バンド好きな明るい歌詞でテンション上がること間違いなし。けど何より、大サビ前の渋谷すばるのパートがもうめっちゃめちゃカッコいい!この歌い方とこのリズムをさらっと歌いこなせるのさすがや。光村くんにここ歌って欲しい。このアルバムの中で二番目くらいに推せる曲です。


十四曲目「ワッハッハー」
優しく明るくなれる曲。ちびっこからご老人まで、みんなに共通する大事なコトを説かれてる気分になる。関ジャニ∞だし、タイトルこんなだからふざけてんのかな?って思いがちですが、超いい曲だよ。ほんわりとした気持ちになれます。ゆずに歌って欲しい、てか歌っててもおかしくない。そう考えたらこれも王道J-POPだな。SMAPの「世界に一つだけの花」と「Joy!」を足して2で割ってくださいこの曲出来ます。もう一度言いますが、そんな感じの優しい気持ちになれる曲です。優しいです。


十五曲目「どんなに離れてたって傍にいるから」
西部映画のエンディングで流れてもおかしくないぜな、曲調。ハーモニカだからか?そうなのか??特徴ありまくりな村上くんの声が出だしにハマっててめっちゃ良い。ここでもさすが村上信五。シンゴだけでなく、関ジャニ∞のメンバー全員の声質が上手いこと活きた一曲だと思います。歌詞もストーリー仕立てで素敵です。一人ずつリレー形式で歌っていくんですけど、それもまた良いポイント。ほんとに一人一人の歌声や歌い方が堪能できますよ。この曲でアルバムが見事に締まるのよ。


長いわ、地味にレポートかよ、ってくらい書いてますね。


こう改めて振り返ってみても、一つとして“捨て曲”がないアルバムだなと思います。ジャニーズのアルバムって、「これなに??似たような曲前にも聞いたで??」って思ってしまう曲が入ってることも少なくないですが、このアルバムにはそういうことを感じる歌がありません。


曲紹介でもちょくちょく書きましたが、リアルタイムで聴いていた時、小学生だった私にはまだまだ良さがわかっていなかった曲もたくさんあります。とことん昭和っぽいではあるけど。通して聴いてわかったのは、関ジャニ∞ってソウルフルなんだよなぁ。曲から魂!男臭さ!みたいな空気が見える。でもそれは、こんな言葉で書いてるような軽いものではなくて、もっと重厚感あって聴きごたえ抜群です。


ちなみに、ここで紹介したのはあくまでdisc1の楽曲なので、アルバム全体だとまだまだあります。収録曲数が多いのも、この盤の良きポイント。他の曲だと、初回盤のDVD収録曲の横山君作詞安田君作曲の『Kicyu』と、丸山村上ペアで歌った『YOU CAN SEE』も良いです。

あと、通常版のdisc2に入ってるメンバーソロ、渋谷すばるさんの『words』と丸山隆平さんの『ワンシャン・ロンピン♬』が素晴らしいので特に聞いてほしいです。お二人とも全く違う方向に振りきれてます


ここで取り上げたのは『PUZZLE』だけだけど、ジャニーズってけっこういい曲多いんだよな。ジャニだけに限ったことではないけど、“アイドル”が出してるから、ってだけで聴いてもらえない/見てもらえないって悲しいなぁ。色んな人に聴いてもらいたいなぁ


はぁ全然伝えきれてる気がしない。けど今の自分にできる八分目くらいの力は尽くしました。とりあえず〆ます。

これを機に、改めて『PUZZLE』を聴いてくれる人が増えたらいいな。


宣伝

関ジャニ∞ TOUR 2∞9 PUZZLE ∞笑ドッキリ盤 [DVD]

関ジャニ∞ TOUR 2∞9 PUZZLE ∞笑ドッキリ盤 [DVD]

雛ちゃん(シンゴ)の、伝説のバブンマンが見られるのはここだけ!!

PUZZLE

PUZZLE

通常版のソロも初回のユニットもええで。